🌸徒然なるままに~陽だまり日誌~H31.3.31🌸

🌸徒然なるままに~陽だまり日誌~H31.3.31🌸

みな様、おはようございます。
今朝の空模様は、曇り空、雨が降りそうです。
本日は、鐘をついている間、大変にぎやかな声に包まれました。

いえ、いえ、包まれていません!耳をふさぎたくなるほどの騒々しさ!でした。
境内の樹木に身体を休めるスズメの目覚めのころだったのでしょうか。
お調べしたところ、スズメは、日の出の15分前に起きだすということです。
思いおこせば、春のお彼岸の入りから一昨日までは、六時は、静かなひと時でした。
六時半頃は、今日のようなにぎやかさでしたね。
そういえば昨日の六時は、鳴き声があちこちから聞こえ始めました。
日の出が早くなるにつれて、スズメも早起きになっていることが分かります。
それにしても、今日のにぎやかさは、今年一番です。
にぎやかというより、さわがしい。。。耳元で、本当にすごい騒がしさなんです。
(※これは、後日、動画でお知らせしなければなりませんね!)
でも、わたくしが大騒ぎしてるようなもので、この地域の当たり前の朝の様子ではあるのだと思います。

その騒がしさの理由がわかりました!
なんでも、縄張り争いや、威嚇、メスへの求婚争奪戦などの鳴き声なんだそうです。
「鳴き声」はもはや「おどし」「おたけび」「逃げ惑う、悲鳴!!」でもあったのですね。。。
朝から、人間目線の勝手な、感情的かつ物騒な言葉を出してすみません。。。

「おはよう」「おはよう」「今日も一日始まるね」「よろしくね」「楽しいね」
など、日本昔話に出てくるような
愛らしいスズメ同士のコミュニケーションを勝手に想像していたのですが。。。
実際は、生存本能、習性からの鳴き声だったんですね。
。。。スズメもまさしく、「今」を「生き生きと生きている」ということですか。
ちゅんちゅん~ちゅんちゅん
一羽、二羽。。。。日中の数羽のスズメは、見ていてあきないくらい、可愛いいです。。
スズメに対する認識が変わりました。
朝から、スズメの習性について、お伝え致しました。<(_ _)>ちゅんちゅん?

なんだかんだ言っても、スズメはかわいいです(●^o^●)お寺のスズメたちの巣作りは、これから始まるのでしょうか。スズメ観察日記つけてみたいと思います。

さて、今日は31日、日曜日、3月も本日で終わります。
出来事を反省と共に振り返りたいと思います。

・春お彼岸に向けての準備。境内、本堂、客殿、客間、お墓のお掃除
・春のお彼岸がありました。
※人生初めての「ぼたもち」つくり??喜んでもらえるか心配ながらも、久しぶりの心地よい達成感いただきました?
・昨年、立ち上げて、そのまま、放置状態のホームページを新たに始めました。
・本堂でのご法要の後、客殿で「お斎」の準備。前日からの準備。
※客殿は、本堂でのご法事後の「お斎(お食事)」の会処として、また、お葬儀もできるようにとのご門徒様方の要望で
故前住職の時に建設されました。
客殿を使用してもいいということを知らないご門徒様もいらっしゃるとのこと
※大切なことですので、後日、改めて告知いたします。
※使用時のお約束事は有ります
・本堂でのご法要のあと、客殿でお茶をご用意しております。どうぞおくつろぎください。
(この3、4年は、身体上おもてなしが出来る状況ではありませんでしたが、だいぶ準備が出来るようになりました)
・一般参詣者は、各数人のご来訪がありました。※御懇志は大切にお寺の護持に納めさせていただきました。
・数年来、身体的精神的にきつい状況が続いていた事と、ひどい貧血症のため、
どうしても身体が重く動けなかったことが、心軽く動けるようになり、
今月末、少しずつお礼を伝えることが出来るようになりました。
これは、そういう症状になった方にしかわからない苦しさですね。
今思えば、鬱になるほどの内容の連続だったのですね。みずからの「死」を意識していた時もありましたから。
ギリギリのところという心境、境地がわかりました。そのラインをこえてなくなられる方のきもちを心からお察しいたします。
本当に辛いのですよね。その当時のそういう状況の中では「つらい」の言葉もむなしいものでした。
改めて、わたくしの思うところの、心の病についてお話をしてゆきたいと思います。
人の心は、誠に紙一重。では、ひとは、救いを何に求めるのでしょうか
わたくしが自身の感情や状況を書きしるしているのは、
「人は弱い時もある、他人も自分も。」との自覚を持つことで、自分の生命の危機管理を考えるようになったからです。
これらのことも、今後お伝えしてゆきたいと思います。

変化が起きたこと、できることが増えた確認です。
また、改めて書き足してゆきたいと思います。ひとまず。これで失礼いたします。
あなたの為に訪れた、あなたの一日。本日はどのように過ごされますか?
どうぞお気をつけて、いってらっしゃい。
本日も、よろしくお願い致します。